ニュース

News
2020.02.21

市長のランチミーティングに行ってきました!【千葉市みつわ台にある小学生対象フリースクール★】

  • 千葉市教育機会確保の会のメンバーで。市長とランチ。
  • Co-Laboバックにポートレートモード記念撮影。
  • フリースクールの実情を市長と共有しました。
  • お外遊びパート2。ブランコする2人。
  • 教育機会確保の会。室長は副代表として市長の隣に。
今日は千葉市教育機会確保の会のお話です。

このたび市長のランチミーティングに当選し、エデュオプ(千葉市教育機会確保の会の略称)メンバーでフリースクールの現状を市役所までお話ししに行くことに。

昨年の11/4に発足した千葉市教育機会確保の会はフリースクールやホームエデュケーション、夜間学校、民間学童などで構成されたメンバーで発足しました。

その前月に発足したばかりのフリースクールCo-Laboが標榜した、『全日制のフリースクール』
が千葉市にないことから、この会の副代表として参画する事に。

••••と、ランチミーティングの話をしようと思ったが、



時を戻そう(ぺこぱ風)


その1時間半前。

今日は金曜日なので週1で通う生徒がいること、教育センターなどの別のイベントと重ならず、参加人数も多いことから、10:30からCo-Laboミーティングを。

新しく入った生徒が増えれば、その分お約束なども必要になってきます。

いくらフリースクールとはいえ、なんでもOKという訳ではありません。

今日のミーティングで確認した事は3つ。

①週の始めにiPadに今週チャレンジしたい事をキーボード打ちで書く事。
②嫌な事があったら『嫌』と言い、『嫌』と言われたら辞めること。
③威圧的な言葉や罵り言葉を使わないこと。

①は開校当初から課している事で、本人がどんな事をしていきたいかを測ります。
当初は書けない子も多かったのですが、今では土曜日には何を書くかを考えられてる子も。

②は教室の空気として、嫌な事を嫌と言える空気感を作りたかったから。
2ヶ月目あたりにミーティングで話しをし、共有しました。

そして③は今回あがってきた声。

1歳を迎えたばかりの『あんちゃん』にそんな言葉を覚えさせるわけにはいかないですしw

せっかくできた居場所を自分達で壊す事がないよう、みんなが『安全・安心の場所』と感じられ、楽しく過ごせるようにしていければと。

人が増えればそれだけ問題や課題も出てきます。

ルールはないに越した事はないですが、自分達の困り事の解決を自分達でできるようになれるとよいなと。

今は我々が対処していっていますが、徐々に自分達で自治ができるようなるとよいなと願ってますし、そのようにしていこうと考えています。

ちなみに、来週以降でやりたい事で出た意見で

①プランターで植物(食べ物)を育てる
②ホワイトデーに男の子で生チョコなどを作る
③みつわ台体育館を借りて自作の遊び、およびバトミントンをする

などが。

さっそくお隣の『わくわく広場』で五寸にんじんの種を購入。
すぐに色々決めて行動していくのがCo-Labo流。

そしてランチミーティングへと至りますw



•••50分は、あっという間でした。
我々もアツい想いがあるわけで、おのおのが伝えたい事があるわけで、
(注•陳情の場ではありません)
事前に伝えるべき内容はなんとかお話できた感じでした。

市長もフリースクールに関しては情報を集めてらっしゃるようですし、対応すべき問題だという認識を持って頂いているのをお話の中で感じました。

フリースクールCo-Laboも4か月ほど経ちました。

ランチミーティング終了後に、今後もいろいろと千葉市教育機会確保の会で協力していきながら活動していく事を確認していきました。

会の理念は
・学びのセーフティ・ネットの実現
・いつでも、どこでも、ただで学べる社会の実現
・多様な学びが提供される社会の実現

です。

以上、今日は教室長のお外での活動などの報告でした。
メニューはこちら

⭐︎2020年1月から3月までで新規募集は2名となります。(定員をいったん14名と致します))

申込みはGoogleフォームからよろしくお願いします。